旅で世界を平和に

旅と海外生活、かぼちゃについて書きます♪

オーストラリアで買うと日本のと違う食品あれこれ

こんにちは!今回もについてです。日本でもよく食べる食品が、オーストラリアで売っているものとは違うことがあります。私がスーパーで驚いたものをピックアップして行きます!

 

 

卵の消費期限が長い

卵の消費期限は日本では大体1週間ほどでしょうか。期限近くなると加熱して食べたりしますね。オーストラリアでは1ヶ月以上あるのが多いです!最初は印字が間違ってるのではないかと思いました笑。オーストラリアの人たちは生で食べる文化がないからかもしれませんが、日本人からすると心配になるくらい長いですね笑。

 

あとは、卵が結構汚れているのも気になりました。鶏の羽のようなものが殻についていたり、糞もついてます。消費期限や管理状態から見て生食は避けたほうがいいですね!私は半熟卵が好きですが、万が一のことを考えて固ゆでにしていました笑。長い消費期限ギリギリでも加熱をしたら特に問題は無かったです。

牛乳が濃い

オーストラリアには様々な種類の牛乳が売っていますが、一番良くあるFull Creamの牛乳はとっても濃いです!その分リッチな奥深い味わいで美味しいのですが、カロリーや脂肪分が高いので注意です笑

 

私はLow Fatという低脂肪のものを選んでいました。こちらはこちらで薄いなーと感じましたが、慣れたら大丈夫でした笑。シリアルにかけて毎朝食べていました!

 

追加情報では、オーストラリアの牛乳はプラスチックのボトルに入っているものが多いです。そしてそのボトルがかなり大きかったです。一人暮らしでは到底飲みきれない量でした笑。牛乳パックに入っている小さいものもありますが、種類がごく僅かでした。

そもそも味が全体的に濃い

海外の料理はなんとなく味が濃そうだなと思っていましたが、そうでもないものとかなり濃いものがありました。

 

私が遭遇した濃いものは、まずはポテチです。よくスーパーで売っているポテチを映画を見ながら食べていました。最初の何枚かは良かったものの、途中からすごくしょっぱさを感じました。けど、せっかくの食べ物を捨ててしまうのは勿体無いと思い、食べ進めました笑。

 

しばらく時間が経ってから、体が水を欲してたまりませんでした笑!!その後何杯水を飲んだことか...!少し食べるならいいかもしれませんが、塩分の取りすぎには注意です。

f:id:Skye3:20201203220458j:plain

ちなみにワサビ味のドリトスも売っていました笑

あとは板チョコです。いうまでもなく激甘です。オーストラリアでよく売っているCadburyのチョコレートがありますが、日本のと比べて分厚いです!ひとかけでかなりの満足感が得られます笑

このチョコを使って日本のレシピでブラウニーを焼いたら、激甘のものができました。他のものと合わせて使うときは、甘さの調節が必要ですね!

 

日本の節約メニューが通用しない

こちらは番外編ですが...

私は留学中に食費を節約しようと、メニューを工夫していました。最初は節約と言ったらもやし豆腐!と考えていましたが、スーパーに行って撃沈したのを覚えています笑。

 

豆腐はColesで一丁2.5ドルくらいします。もやしはスーパーになくて、市場か中華街にあるアジア食材を扱っている店で一袋1ドル程でした。もやしに1ドル払うなら、他の野菜を買ってもいいなと思いました...。

 

こんな感じで日本の節約レシピがオーストラリアではあまり節約にならないので、戸惑うことばかりでした。それからは地道に毎週デジタルチラシを見て、その週に安いものを買うなどをしてしのぎました笑!

まとめ

普段目にする食品がオーストラリアで買うと、消費期限値段などかなり違ってくるものがありました。初めは驚きの連続でしたが、徐々に慣れてくると思います!また事前に相違点を知ることによって、心の準備ができたらと思います♪