旅で世界を平和に

旅と海外生活、かぼちゃについて書きます♪

マンリービーチの楽しみ方!トレッキング&マーケットをご紹介

以前ボンダイビーチをご紹介しましたが、ボンダイと並んで人気の観光地のマンリービーチもオススメです!シドニー中心部から少し距離がありますが、絶景トレッキングコース大規模のマーケットがあります♪

 

ボンダイビーチについての過去記事はこちら↓

tabidesekaiwoheiwani.hatenablog.jp

 

 

アクセス方法

マンリーはボンダイと比べると少し距離が遠いですが、アクセスは悪くないので気軽に訪れることができます!

マンリービーチまでは主に2つのアクセス方法があります。

フェリー

1つ目はフェリーです。サーキュラーキーから30分ほど乗ると、ビーチすぐの埠頭に着きます。埠頭の周りにはレストランやスーパーが並び、出口を出て正面には多くのお店が並ぶ通りがあります。帰りの航路はオペラハウスやハーバーブリッジが見られて、綺麗です。

f:id:Skye3:20210515155730j:plain

トレッキング

2つ目はトレッキングです。Spit to Manly Walk という10キロのトレッキングコースがあり、こちらでは結構有名です。CBDのウィンヤード(Wynyard)からSpit Bridgeまでバスをのり、その後ビーチまで歩きます。もちろん歩くの大好きな私はトレッキングをしました!

 

朝8時くらいにSpit Bridge の少し手前でバスを降り、朝日を浴びながら歩いて行きました。Spit Bridgeは跳ね橋なので、1日に何回か船が通る時に橋が開きます!私は残念ながらタイミングが悪くて、開くところは見られなかったので、次回のお楽しみにします笑。

f:id:Skye3:20210515155637j:plain

トレッキングコースは殆ど海沿いのなので、波の音を聞きながら歩けます。また、途中で絶景ポイントがいつくかあるので、休憩がてら眺めててリラックスできます。少し緑の中を歩く時がありますが、コースがきちんと整備されているので、そこまでキツくはなかったです。コースを走っている人も見かけたくらい、歩き(走り)安いです笑。

f:id:Skye3:20210515155700j:plain

コースの所々にビーチまでの地図や方向を表す矢印の標識が立っているので、初めてでもわかりやすかったです。また途中でトイレやカフェも見かけました。今回は1人で歩きましたが、他にも女性1人で歩いている人がいました。ただ、念のため暗くなる前にトレッキングが終わるように計画を立てた方が安心ですね♪

f:id:Skye3:20210515155610j:plain私はサクサク早歩きで行ったので、10分の休憩を挟んでも2時間強でビーチに着きました笑。そこまで本格的な装備はいらないですが、歩きやすい服装&靴、たくさんのお水、お菓子などを準備するといいと思います。

 

ビーチの様子

マンリーはボンダイと比べて少し落ち着いた感じかなと思いました。そこまで混み合ってないですし、のんびりと海を眺めている人が多かったです。砂浜も海の水も綺麗で、夏だったら泳ぎたいくらいでした!

f:id:Skye3:20210515155854j:plain
ビーチの周辺にはお店が沢山並んでいます。ボンダイよりは規模が小さいですが、十分ショッピングを楽しめます♪アボリジニのアート品を扱っているお店、お土産さん、レストラン&カフェもありました。

f:id:Skye3:20210515155812j:plain
お店の前には小規模な屋外マーケットもありました。全てのお店で可愛らしいハンドメイドやオーガニックの商品が並んでいて、全体的なクオリティーがかなり高いです!

f:id:Skye3:20210515155837j:plain
ただ店舗数が少ないな…と思った方も大丈夫です!ビーチからすぐ近くのmanly village public school では毎月第3土曜日にマーケットが開かれています。こちらの規模はかなり大きいです。

f:id:Skye3:20210515155918j:plain

主にフリーマーケットのようで、洋服のお店がたくさんあります。店舗数が多いので、掘り出しものが見つかるかもしれませんね!その他にも野菜や雑貨のお店、ごはんの屋台も少しありました。

 

まとめ

マンリービーチはボンダイビーチよりも落ち着いた雰囲気で、ビーチでのんびりしたい方にぴったりです!綺麗な景色を見ながらのトレッキングは運動不足解消にピッタリですし、マーケットではかわいい服との運命的な出会いが待っているかもしれません♪