旅で世界を平和に

旅と海外生活、かぼちゃについて書きます♪

オーストラリアで大人気のハンバーガーチェーン「ハングリージャックス」についてご紹介!

以前、オーストラリアのマクドナルド(Macca's)をご紹介しましたが、もう1つ人気のハンバーガーチェーンがあります。それは...ハングリージャックス(Hungry Jack's)です!馴染みのない名前ですが、実は日本の皆さんも食べたことのあるお店なのです。今回はハングリージャックスの正体と、オススメメニューについて書いていきます!

 

過去のマクドナルドの記事はこちら↓

tabidesekaiwoheiwani.hatenablog.jp

 

 

ハングリージャックスとは?

ハングリージャックス(Hungry Jack's)はマクドナルドと同じく、リーズナブルで美味しいハンバーガーチェーン店です。オーストラリアでは店舗数が多く、街中でよく見かけます。ですが、日本にいる皆さんも一度は目にしたことのあるお店なのです...!

 

実は、ハングリージャックスは日本のバーガーキングと同じお店で、名前だけが違います。なぜ名前が違うのかと言うと、オーストラリアにバーガーキングが出店される時に、既に「バーガーキング」と言う名前が名称登録されていたからだそうです。ですので、オーストラリアではハングリージャックスと言う名前になっていますが、お馴染みのワッパーがありますし、同じお店です!

 

私は日本でハンバーガーチェーンというと、マック一択でしたが、ハングリージャックスを初めて試した時は、結構美味しくてファンになりました!今では、その時の気分に合わせて、両方を楽しんでします笑。

 

注文はアプリを使うとお得!

マクドナルドの記事でご紹介したのと同じく、店舗ではタッチパネルを使って注文ができます。支払いはカードでも現金でも大丈夫です!

f:id:Skye3:20210810074945j:plain

ただ、オススメなのは、アプリを使うことです!アプリでは常時お得なクーポンがあるので、自分の好きな商品が割引きになってないか、普段からよくチェックしています笑。また、アプリ内でShake&Winと言うものを、1日2回チャレンジできます。

f:id:Skye3:20210810075104j:plain

Shake&Winのボタンを押すと、ルーレットが始まり、ランダムでクーポンがもらえます!割引の時が多いですが、たまにポテトやコーヒーの無料券も発行されるので、ハングリージャックスに行く前には毎回運試しをします。

 

オススメのメニューは?

いくら同じお店と言えども、ハングリージャックスにはオーストラリアならではのメニューが沢山あります。「The Aussie」と言うオージービーフ、ベーコン、卵、ビートルートなどが入っている、いかにもオーストラリアらしいメニューがあるほどです。ですが、他にもオススメメニューがあるので、いくつかピックアップします!

 

Grill Masters

まずはGrill Mastersと言う、100%オーストラリア産のアンガスビーフが使用されているシリーズです。色々な種類がありますが、お気に入りはGrill Masters Smoky BBQ Angus ($9.9)です。

f:id:Skye3:20210810075659j:plainおしゃれな箱に入っていて、中では持ちやすく包んであります!ハンバーガーを食べる時って、途中で崩れてしまって具材が溢れることが多いですが、ハングリージャックスなら安心です笑。箱を開けた瞬間、バーベキューのスモーキーな香りが広がります。

f:id:Skye3:20210810075712j:plain

 分厚いパティ、チェダーチーズ、ベーコン、オニオンリング、玉ねぎが入っています。 

f:id:Skye3:20210810155131j:plain

パティとベーコンのWパンチで、ボリューム大なのに加えて、オニオンリングまで入っているので、食べ応え120点のハンバーガーです。アンガス牛はジューシーですし、サックサクのオニオンリングの食感もたまらないです。バーベキューソースとマヨネーズがたっぷり入っているのも、お気に入りポイントです。

 

もう1つ、直火焼きと言うところもポイントです!グリルされているパティは、少し焦げ目があって香ばしさが絶妙です。このハンバーガー の野菜は玉ねぎのみですが、しっかり焼かれていて、甘みが口いっぱいに広がります。バーベキューが人気なオーストラリアでは、ぴったりなメニューです。

 

Vegan Whopper Cheese

もう1つオススメのハンバーガーはビーガンのワッパーです。日本でもワッパー(Whopper)はありますが、こちらはビーガン用のメニューになっています。ビーガンは完全菜食主義とも呼ばれ、動物性食品(卵や乳製品を含む)を食べないことを指します。私はベジタリアンでもビーガンでもないのですが、健康や環境のために、週2回はベジタリアンの日を自分で定めています。

 

ベジタリアンやビーガンメニューを目にすると、試してみることが多いですので、ハングリージャックスでもVegan Whopper Cheese ($8)を注文してみました。アプリでたまたま割引がされていて、$5でした!

f:id:Skye3:20210810075817j:plain

ビーガンパティ、トマト、レタス、玉ねぎ、ビーガンチーズ、ビーガンマヨネーズ、ケチャップが入っています。

f:id:Skye3:20210810075832j:plain

コーン、パプリカ、豆、人参からできているパティが、2枚も入っています。ちなみに、名前のWhopper「とてつもなく大きい物」 と言う意味です。名前のとおり、ハンバーガー自体のサイズが大きく、チーズも入っているので、こちらもボリューム大です!ずっしりと重みがありますが、フレッシュな野菜がたっぷりなので、罪悪感が少ないです笑。

 

チーズやマヨネーズも濃厚でコクがあり、満足のハンバーガーでした。ベジタリアン用ではなく、ビーガン用のメニューがあるのは、さすが!と思いました。

 

Spicy Sauce 

マックの時もやりましたが、ナゲットにつけるソースの食べ比べもしました!ハングリージャックスでもソースが単品($0.5)で注文できます。残念ながら、マックと比べると種類が少なく、

  • Honey Mustard
  • Sweet & Sour
  • Spicy
  • BBQ

と言ったラインナップです。BBQはハンバーガーで堪能したので、それ以外の3つを注文しました。

f:id:Skye3:20210810075739j:plain

f:id:Skye3:20210810075753j:plainHoney Mustardは、まずはハニーの甘さがきて、その後にほんのりマスタードの風味がします。全体的に甘いソースになりますが、これはこれで美味しいです。Sweet & Sourは名前のとおり甘酸っぱいソースで、マックにも同じ名前のソースがありますが、ハングリージャックスの方が胡椒が効いています。

 

個人的にオススメなのが、Spicyです。結構しっかり辛味があり、お子様には厳しいかもしれませんが、辛いものが好きな方が満足できる味です。コクと深みがあるので、つい止まらなくなってしまいます笑。

 

まとめ

「バーガーキング」はオーストラリアでは「ハングリージャックス」の名称で愛されています!グリルされたバーベキュー系のメニューが充実しているところと、ビーガンメニューなど幅広い商品を提供しているのが人気の理由だと思います。まだ試したことのない方も、一度食べてみるとお気に入りのお店になること間違いなしです!